• 2016年6月22日

    オリジナルウェディングのお呼ばれマナー【vol.1 招待状編】


    『ホテルや式場での結婚式は何度か参列してきたけど

    キャンプ場でのウェディングに初めて招待された!

    とっても楽しみだけど…何を着ていけばいいの?ご祝儀はいつもどおり?』

     

    そんなお悩みに答えるべく、

    「オリジナルウェディングのお呼ばれマナー」と題して

    いつもとは違う結婚式に招待された場合のマナーや楽しみ方を

    複数回に分けてお送りしようと思います!記念すべきシリーズ1回目は【招待状編】!

     

    DSC01311_

    色とりどり、大きさやかたちもさまざま。これぜーんぶ招待状なんです。

    オリジナルウェディングではひとつとして同じ結婚式がないように

    招待状も個性にあふれています。

     

    招待状にまつわるマナーや楽しみ方を

    実際にひとつひとつ例を挙げながら見ていきましょう。

     

    ドレスコードが決まっている場合

    DSC01296

    服装についてのルールが決まっている場合は「ドレスコード」が同封されていることも。

     

    ドレスコードを指定する背景は大きくわけてふたつあります。

    ひとつはパーティーの雰囲気やテーマをみんなで共有して楽しみたいから。

    「何かひとつ黄色いものを身につけてね」とか「デニムでお越しください」なんて

    書いてあった場合はぜひ、無理のない範囲で当日までにご用意してみてください!

    これはドレスコードが本来持つ「規定」という意味に近いですね。

     

    そしてもうひとつの背景はゲストに心地よく過ごしてほしいから。

    そんな新郎新婦の優しさの表れなんです。

    こちらは守ってほしいルールというよりは

    当日の会場も内容もよく知っている新郎新婦から見た「おすすめの格好」。

    だから、「Noジャケット歓迎!」「足元はスニーカーで」「日よけ対策を!」などと書いてあったら

    アドバイスだと思って素直に受け止めて下さい。

    せっかくのハレの日だからドレスアップしたい!と思うかもしれませんが

    新郎新婦は、あなたが疲れずに1日楽しんでくれることをいちばん望んでいるのをどうぞお忘れなく!

     

     

    当日の持ち物が決まっている場合

    DSC01300

    DSC01301

    DSC01303

    招待状に「当日ご持参ください」とチケットが同封されていたり

    メッセージ記入欄が設けられていることも。

     

    パーティー中の演出のひとつとして使うこともあるので

    当日忘れずに持って行ってくださいね!

    (ここだけの話、万が一忘れてもスタッフが予備が用意しているので大丈夫なのですが…

    でも新郎新婦が気持ちを込めてお送りしたものなので、ぜひ忘れずに持ってきてくださいね!!)

     

    返信はがきに質問がある場合

    DSC01315

    こちらは返信はがきの「メッセージ欄」の代わりに質問が設けられているパターン。

    どうしてこんなこと聞くのか不思議かもしれませんが、それは当日に種明かしされます。

    きちんと質問に答えて、パーティーまで楽しみに待っていてくださいね。

    返信はがきを出し忘れちゃった!なんて言語道断!ですよ!

     

    スケジュールや会場全体図が載っている場合

    DSC01289

    DSC01292

    DSC01291

    1日がかりのパーティーや1泊2日のキャンプウェディングの招待状には

    タイムスケジュールが書いてあったり、

    広い敷地を迷わないために会場マップを載せていることも。

    そんな時はぜひ招待状を当日持ってきてください!手元にあると便利です。

     

    ちょっとここからは番外編。

     

    インテリアになるような招待状だった場合

    ICU_inv01

    招待状を受け取った瞬間からワクワクしてほしい、そんな気持ちを込めて

    飾っておきたくなるような招待状、例えばカレンダー付きの招待状が届いたら。

     

    ぜひ、おうちに飾ってください。

    新郎新婦と、もしかしたらそれ以上にHAKUが喜びます。

     

     

    小さな箱が宅配便で届いた場合

    052

    041

    (Photographed by SUNBLOOM KIKU)

     

    そろそろあの子から招待状が届く頃かなと思っていたら

    小包が届いた。なんだろうこの箱。あれ、ビール?え!これ招待状!?

     

    実話です。

    パーティーまでの時間、お酒を飲んで楽しんで待っててね!

    そんな想いを込めて、ビールが大好きなおふたりだから、

    招待状と一緒にビールを送っちゃいました。

    もちろん瓶にはオリジナルラベル。

    届いた当日でも、パーティーの前夜でも構いません。

    ふたりを想って乾杯してくださいね!

     

    DSC01306

    同じく小包でタンブラーをお送りしたことも。

    ご挨拶や日時が書かれた中紙を裏返すと

    グラフィックのみのイラストになるので

    普段のおともにぜひ使ってみてください。

     

     

    オリジナルウェディングは参加したことのない方にとっては未知の世界。

    でも、結局はお祝いの気持ちと、楽しむぞ!という意気込みがいちばん大切なのかも。

     

    シリーズ次回は1.5次会にまつわるマナーをお送りする予定です。お楽しみに!